ゆっくり・のんびり 〜ダウン症児の子育て日記〜

アクセスカウンタ

zoom RSS オランダへようこそ

<<   作成日時 : 2015/09/01 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

最近、私のブログの古い記事にコメントを頂いています。

2008年の記事なのですが、「オランダへようこそ」という、詩を紹介したものでした。

また、最近読み返してみて、本当にいいなぁ〜なんて思ったので、また再度紹介したいと思います。


「オランダへようこそ」は、1987年、ダウン症児のお母さんであるエミリー・パール・キングスレーさんが書かれた文章です。

この文章は、私の友人が何かの折に、素敵な文章だと紹介していました。

私は、この文章を見て、「うん、うん、そう!そう!そうのとおり!!」と思いました。

私の気持ちを上手に表現して頂いたような、そんな気持ちになりました。

そして、やはり、涙が出ました。

何の涙でしょう・・・??

私は、オランダで頑張るぞ!!っといった、決意の涙でしょうか・・・?!


そして、今は・・・。オランダ旅行を満喫中!!です!!



素敵な文章です。

原文は英語なので、私なりに訳して紹介させていただきます。(原文は、後にあります。)





          「オランダへようこそ」

私はよく障害を持つ子供を育てるって、どんな感じか聞かれることがあります。
障害児を育てるというユニークな体験をしたことがない人が理解できるように、どんな感じか想像できるようにこんな話をします。

赤ちゃんの誕生を待つことは、すてきな旅行の計画をすることに似ています。
そう、旅行先はイタリア。ガイドブックをどっさり買い込み、現地での素敵な計画を立てます。
ローマのコロッセオ。ミケランジェロのダビデ像。ベニスのゴンドラ。
簡単なイタリア語を覚えるかも知れません。それはどれも、ワクワクすることです。

そして、期待を胸にいっぱいに、数ヶ月の後、待ちに待ったその日がやってきます。
カバンに荷物を詰め込み、さあ出発です。
数時間後、飛行機が着陸します。スチュワーデスがやって来て、告げるのです。
「オランダへようこそ」と。

「オランダですって?」とあなたは驚き聞き返します。
「オランダってどういうこと?私はイタリアへ行くはずだったのよ!これまでずっと私はイタリアを夢見てきたのに!」
しかし、飛行計画が変更になったのです。
オランダへ着陸したのです。
あなたはそこに滞在しなければならないのです。

ここで考えて欲しいのは、あなたたが連れてこられた場所は、疫病や、飢饉や、病気が蔓延する、恐ろしく、ひどく、ゾッとするような所でははないと言うことです。
ただ、そこは、ちょっと違う場所なのです。

だから、あなたは新しいガイドブックを買いに外に出て行かなくちゃいけません。
それから、新しい言葉も覚えなくちゃいけません。
そうすれば、あなたにはこれまで出逢ったことのない人々との出逢うことでしょう。

ちょっと違う場所へ来ただけなのです。
イタリアに比べて、時はゆっくりと過ぎていき、イタリアのような華やかさはありません。
でもしばらくここにいて、深く息を吸いこんで、周りをみわたすと…オランダには風車があることに気がつきます。
チューリップにも気が付きます。
そして、オランダにはレンブラントの絵もあることに気が付くでしょう。

でも、あなたの知人たちは、イタリアに行ったり来たりでせわしなくしていて、皆イタリアでどんなに素敵な時を過ごしてきたかを自慢するのです。
そして、あなたはこの先もずっと「そうなの、イタリアは私も行くはずだった場所なの。私が計画していたのはイタリア行きだったの。」と、言い続けるでしょう。

イタリアへ行けなかった痛みは決して消えることのないものでしょう。
なぜなら、失った夢はあまりにも大きすぎるからです。

しかし、イタリアに行けなかったことをこの先もずっと嘆いていたら、オランダのすばらしさや、美しさを心から楽しむことは決してできないでしょう。




Welcome To Holland
by Emily Perl Kingsley

I am often asked to describe the experience of raising a child with a disability -- to try to help people who have not shared that unique experience to understand it, to imagine how it would feel. It's like this.

When you're going to have a baby, it's like planning a fabulous vacation trip -- to Italy. You buy a bunch of guidebooks and make your wonderful plans. The Coliseum, Michelangelo's David, the gondolas in Venice. You may learn some handy phrases in Italian. It's all very exciting.

After months of eager anticipation, the day finally arrives. You pack your bags and off you go. Several hours later, the plane lands. The stewardess comes in and says, "Welcome to Holland".

"Holland?" you say. "What do you mean, Holland? I signed up for Italy! I'm supposed to be in Italy. All my life I've dreamed of going to Italy."

But there's been a change in the flight plan. They've landed in Holland and there you must stay. The important thing is that they haven't taken you to a horrible, disgusting, filthy place, full of pestilence, famine and disease. It's just a different place.

So you must go out and buy new guidebooks. And you must learn a whole new language. And you will meet a whole new group of people you would never have met. It's just a different place. It's slower paced than Italy, less flashy than Italy. But after you've been there for a while and you catch your breath, you look around, and you begin to notice that Holland has windmills, Holland has tulips, Holland even has Rembrandts.

But everyone you know is busy coming and going from Italy, and they're all bragging about what a wonderful time they had there. And for the rest of your life, you will say, "Yes, that's where I was supposed to go. That's what I planned."

The pain of that will never, ever go away, because the loss of that dream is a very significant loss. But if you spend your life mourning that fact that you didn't get to Italy, you may never be free to enjoy the very special, the very lovely things about Holland.


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ!
7歳のダウン症を持つ女の子の母です。すごーーく久々に、ななめさんのブログを見たら『オランダへようこそ』の詩が!!!思わずコメントしてしまいました。
私が初めてこの詩を知ったのが、ななめさんのブログからでした。
なので、ななめさんの訳詩が体に馴染みます。私も大好きな詩です。今更ですが、ご紹介ありがとうございました。
私もオランダ満喫中!!
自閉持ちなので、ベルギーあたりにも行ってますよ 笑

またブログ見に行きます。

ひまわり
2015/11/17 17:26
☆ひまわりさん
こうして、ブログを閉じずにおくと、たまにコメントを頂けて、本当にうれしいです。
ありがとうございます。
この詩、本当に素敵な詩ですよね。
ひまわりさんは、ベルギー旅行も満喫中ですか〜。
イタリア旅行が変更になって嘆いている方に、是非、知って欲しい詩ですよね。

ブログ、更新しなくちゃ!!
頑張ります!!
ななめ
2015/11/18 20:35
岐阜出身で横浜在住の3才のダウンママの米屋です。
こんなところに書いてしまってすみません。
久々にメールしたらできず、連絡方法がわからなかったので・・・。
もしメルアドのこっていましたら、ご連絡ください!
お久しぶりです。
2015/11/29 22:45

コメントする help

ニックネーム
本 文

21トリソミー広報部

バリアフリーは「知る」ことから!という趣旨のもと、ダウン症のことを知ってもらいたい!という思いを持った仲間が大勢集まっています♪
  • 21トリソミー広報部
  • 画像

    ななめの木

    オランダへようこそ ゆっくり・のんびり 〜ダウン症児の子育て日記〜/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる